本校は、帯広市の南西部川西25号より日高山脈に至る約30km、売買川から戸蔦別間約6km、帯状に広がる戸数約200戸の純農村地帯の中に位置する学校です。小規模特認校制度の小学校で、帯広市街地に居住している小学生も通学することができます。
 校地内にある『どろんこ農場』(学校農園)での栽培や食育活動、馬との触れ合いによる命の学習、校区を流れる川の学習等、地域の特色を生かした教育活動を進めています。

(1)めざす子ども像(学校教育目標)

 考える子  ・・・ 知育
 豊かな子  ・・・ 徳育
 強い子   ・・・ 体育

21世紀の担い手として,郷土を愛する豊かな心と創造性
をもち,強い体と心でものごとを考え,たくましく生き抜く
心温かい清川の子ども
~心あったか清川っ子~

(2)めざす学校像

「清川小で学んでよかった」
自らの成長の実感が喜びと自信につながる学校    

「清川小で学ばせてよかった」
わが子の成長が実感できる信頼される学校

「清川小で仕事ができてよかった」
学校のために力を尽くした実感のもてる学校



3)今年度の学校経営の重点

夢と自信と誇りを育てる学校
  ~すべての教育活動に生徒指導の機能を生かす~



 よりよい学校教育を通してよりよい社会を創るという理念を学校と社会とが共有し,それぞれの学校において,必要な学習内容をどのように学び,どのような資質・能力を身に付けられるようにするのかを教育課程において明確にしながら, 社会との連携及び協働によりその実現を図っていくという,社会に開かれた教育課程の実現が重要となります。
 その過程の中で,「何を理解しているか 何ができるか」「理解していること・できることをどう使うか」「どのように社会・世界と関わり,よりよい人生をおくるか」という視点から,「知識及び技能」「思考力,判断力,表現力等」「学びに向かう力,人間性等」を高め,「確かな学力」「健やかな体」「豊かな心」を総合的にとらえて育成していくことが必要となります。
 清川小学校の児童が自ら考え,判断し,主体的に行動すると共に,他者とかかわり,他者とつながることで,この地域からより大きな社会に出たときにも,より豊かに生きることのできる力を育成していきたいと考えています。
 その実現のため,今年度の重点目標を,「夢と自信と誇りを育てる学校」とした。児童が「共感的人間関係」の下「自己存在感」を感じながら「自己決定」ができることが「相手意識の醸成」「主体性を育む教育活動」に繋がる。全教育活動で生徒指導の機能を活かした教育活動を展開し,子どもの内面から必然としてわき起こる「主体的で対話的な学び」を目指すものです。

                校長 鈴木 宏和

LinkIcon校長室から

校長室からLinkIcon

P1020803.JPG航空写真